熊落とし

気ままにアウトドア☻食も好きです

札幌市大通りにあるスープカレーバー【CANCUN(カンク―ン)】にいってきた!

f:id:Lifelikeblog:20170514232817j:plain

札幌市中央区にありますスープカレーのお店『カンク―ン』に行ってきました

ここ最近のグルメブログ感は否めないですが
スキーやサーフィンと同じくらい食べることも好きなのですワハハ

ちなみにここ
f:id:Lifelikeblog:20170514231831j:plain


一見おしゃれなバーのような佇まいで
何度か前を通ったことはあるけど素通り

なんのお店なんだろうと気になっていたので近寄ってよく見てみると
スープカレーバー
とのこと

なんと

このスープカレー愛好家の俺がこんな一等地にある
スープカレーをスルーしていたなんて

うれしさと悔しさが入りまじり何とも言えない感情

例えば色々なスパイスが絶妙に混ざり合うような感じ

そう、スープカレーのように


は?


とまぁそんなこんなでお店に入ります

14時くらいだったからすんなり席に座れた

待つのまじで無理なんすよ俺ー
これなおしたいほんとに

店内はメキシカン系の
ごちゃってるんだけどバランスのとれたおしゃれな空間

f:id:Lifelikeblog:20170514232009j:plain

f:id:Lifelikeblog:20170514232030j:plain

お店に入ると同時にスープカレー屋さん特有の香りがブワーっと

食欲を刺激してきます

僕は
みんな大好き チーズハンバーグ&キノコ
を注文

チーズハンバーグとカレーがいっぺんに食べれちゃうとか

最高かよ

f:id:Lifelikeblog:20170514231906j:plain

きたきたー!

なんやこのルックス。もううまいわ

それでは
いただきます

んー絶妙

スープはわりとさらっと系なんだけど
しっかりコクと深みがある

スパイシーなんだけどマイルドな部分もちゃんとあって
やりすぎてない

さらにはハンバーグとチーズとスープの相性が
もう言うまでもないけど最高です
キノコもおいしいよもちろん

辛さは0~15まであるので
これでもかってくらい辛くしたカレーがお好みな方でも
いけると思いますよ

デリバリーもやっているようなので
大通近辺で仕事をされている方なんかは
ランチにいいんじゃないでしょうか

詳しくはこちら

カンクーン|札幌市中央区のスープカレー&Bar

また新たなスープカレーを求めて
今日も僕は旅に出ます(引きこもりw)

【上富良野八景】十勝岳温泉に行って日々の疲れをリフレッシュ(春スキーもできたり)

f:id:Lifelikeblog:20170506180501j:plain


GWなので実家に帰省中のアレクです

札幌で温泉ていったら僕のイチオシは豊平峡温泉
このブログでも何度かあげています

lifelikeblog.hatenablog.com
lifelikeblog.hatenablog.com

僕の地元にも豊平峡温泉に引けを取らない最&高な温泉があります
源泉100%はもちろんのこと
十勝岳という山にある温泉なのでビューもすごい

今回はそんな十勝岳温泉に行ってきました

場所は富良野市の少し北に位置する上富良野町にあります
富良野駅からだと車で45分程度

f:id:Lifelikeblog:20170506181235p:plain

f:id:Lifelikeblog:20170506181417p:plain

北海道の真ん中です

f:id:Lifelikeblog:20170506180347j:plain

前に見えてる山々が十勝岳連峰です
山頂付近が白いですね
田んぼと畑しかありません
ひたすらのんびり走ります

ちなみに富良野スキー場からも十勝岳が見えます

f:id:Lifelikeblog:20170312004522j:plain

真ん中に見えるのが十勝岳
すっごくきれいです

f:id:Lifelikeblog:20170506180727j:plain

結構登ると雪景色になってきます
寒い日だと5月でも普通に雪降るんで気を付けてください
北海道のレンタカーなら大体冬タイヤなはずですが

f:id:Lifelikeblog:20170506180444j:plain

キツネがいました
富良野とかもう学校のグラウンドとかにいたりするから特別感がないけどねw

十勝岳温泉には
カミホロ壮や凌雲閣などいろんな温泉施設があります
お湯も微妙に違ったりします

f:id:Lifelikeblog:20170506180421j:plain

今回は白銀壮にきました

GWなので混んでますね
ここから山を登ってスキーができます
この日も結構な人数の人が登っていました
20℃くらいあったし春スキー日和です

温泉内が混んでてあまり落ち着かなかったけど
お湯はよかったので純粋に楽しめました
露天風呂からの景色も最高です(写真とってないや)

ここからもう少し車で登ると凌雲閣という温泉があり
そこからの景色が『かみふらの八景』に選ばれています

他の7つのスポットは公式サイトからチェックできます

www.kamifurano.jp

f:id:Lifelikeblog:20170506180501j:plain

これがかみふらの八景の一つ
十勝岳温泉郷の景色です

これ実際見てみると山の大きさというか自然の雄大さがダイレクトに伝わってきて圧倒されます

f:id:Lifelikeblog:20170506180538j:plain

山には雪が似合う

f:id:Lifelikeblog:20170506180536j:plain

ちなみに反対側の上富良野町とその周辺の景色も一望です
こんな贅沢なことなかなかないでしょ

富良野は田舎だけど
都会にはないいいところがいっぱいつまってる

地元である富良野を離れて生活して
富良野の魅力に改めて気づき
さらに好きになりました

いつか
まだ見ぬ僕の家族と
この果てしない大空と広い大地のその中で
人生を過ごしていきたいなーなんて
しみじみかましちゃいました

【札幌が誇る源泉100%かけ流しの名湯豊平峡温泉】は温泉だけでなくインドカレーも有名なのです

f:id:Lifelikeblog:20170428231538j:plain

またまた豊平峡温泉

もう月一くらいのペースです
いや本当は毎日でもいいのだけれど


豊平峡温泉は北海道の温泉の中でも数少ない源泉100%かけ流し
その豊富な源泉と泉質に魅了され
全国各地から温泉好きが集まります

ところがどすこい豊平峡温泉の魅力は温泉だけではないんです!

温泉施設内に温泉食堂という食堂があり
そこで食べられる本格インドカレーが絶品なんです!

温泉と並ぶほどの人気で
なんならカレーだけ食べに来るって人もいるくらい
シェフはインド人の方たちなんで本格どころか本物
今回はその本格インドカレーにフォーカスしてみました


f:id:Lifelikeblog:20170428231559j:plain

メニューはこんな感じ

この食品サンプルよく作られてます
ホントにこれと全く同じもんでてくるw

チキンカリーが一番安くて800円
高いもの(シーフードカリー)でも1000円くらいですね
まずオーソドックスにチキンカレーでいいかと

辛さが5段階で選べて僕はいつも4つめの辛口にしています
結構スパイシーですよ

してカレーにはナンが付きます
それもここのカレーの特徴の一つ
お米はありません

ここのナンがこれまた激ウマ

表面のパリパリ感と中のもっちりとした触感が絶妙なバランスで
思わず食が進みます

f:id:Lifelikeblog:20170428231556j:plain

これがナンを焼く窯『タンドール
インド人のシェフが本場仕込みのナンをここで焼きます
そりゃ美味いわけだ

f:id:Lifelikeblog:20170428231538j:plain

なんの上にはバターがさらっと塗ってあり
最高の照りと香りで出てきます

f:id:Lifelikeblog:20170428231547j:plain

今回はチキンカリー
チキンたっぷりです

カレーはドロッとしていてスパイス感が強いです
あー本場やなー!って感じ
インド行ったことないし本場知らんけどw

f:id:Lifelikeblog:20170428231552j:plain

平日の夜はすいているのですんなりです

イスの席とお座敷の席があります

座敷の席からは外が眺められるので
大自然の景色を楽しみながらの食事ができるし

床には温泉の熱を利用した床暖がきいているので
お風呂上りに湯冷めをするようなこともありません

ナンじゃお腹いっぱいにならないよという育ち盛りのキミも安心してください
210円でお代わりナンを注文することができます

若い男性でも二枚食べたらかなり満足すると思いますよ

それ以外にもここの食堂では
北海道のソウルフードであるジンギスカンも食べられます

お風呂上りにカレーやジンギスカンはちょっと重いなー
って方には十割そばがおすすめです

そばもカレーに引けを取らないほどの人気らしいです
(そば食べたことないので何とも言えませんです)

温泉とカレーはなんか少しミスマッチのような気もしますが
実際にいってみるとマッチングなんてどんでもええと思えるはず


温泉で疲れをいやしてカレーのスパイスで風邪予防

是非一度お試しあれです


どこかで『ナン』を使って腹よじれて死んじゃうくらいのダジャレぶっこんでやろうと思ってたのに無理だ。降りてこなかったw

【油そば屋米風亭】札幌で油そばって言ったらここでしょってくらい超人気店の米風亭に行ってきました。

f:id:Lifelikeblog:20170425195837j:plain

油そば『米風亭』
ずっと前から気になってたけどやっといけたった!

バリうま大満足だったので感想書きます

場所は札幌市中央区南3条西1丁目

狸小路商店街とすすきのの間ですね
地下鉄東豊線豊水すすきの駅から徒歩3分くらいでいけちゃいます
南北線でもすすきの駅で降りて徒歩5分くらいですかね
アクセスはかなりいいです

お昼時は絶対混んでるだろうと思いましたゆえ
13時半頃に行きました

並ぶのが滅茶苦茶嫌いなんです僕
早く食べたくて我慢できないんですw


無事に並ぶことなく店内へ

f:id:Lifelikeblog:20170425200549j:plain

まーおしゃれです

店構えもこじゃれた感じで油そば感があんまりないと思ったけど
店内はもっと油そば感が薄い

ビールバーっていう名前もついていただけあって
バー感があります
ヴィンテージな雰囲気がすごく落ち着く

ビールのメニューも豊富でした
いろんな国のビールが飲めるようです

僕は黒ゴマ辛口油そばを注文
辛口に弱いんですよねー

f:id:Lifelikeblog:20170425174618j:plain

一緒に行った友人はノーマルの油そばを注文

f:id:Lifelikeblog:20170425174713j:plain

ぜったいうまいやんこれえぇぇぇぇ

トッピングで100円の温泉卵をパカッとおとして
いただきます

くーーやっぱりうまいいいぃぃぃぃ!

ベースはよくある油そばの感じなんだけど
そこに繊細さがあるというか
すべてがベストな状態に仕上がってる
麺との絡まり具合とかそれによる味の濃さとか諸々

うまく伝わらないですがとにかくうまいです

ペロッといけちゃいました
大盛にすればよかった


僕が一番いいなって思ったポイントは
油そば屋なのにおしゃれってとこです

1人で行く分にはなんでもいいんですけど
万が一女性とランチいこうか
ってなったときにおしゃれなものだったりおしゃれなお店だったりじゃなきゃって
気を遣うじゃないですか?万が一の話ね?

でもそういうのって量が少なかったりしません?
しかもなんか高くねーかこれって思うものもよくある

本心はラーメン食いてーってなるんですよ
特に俺は異常に麺類好きだから

まあそんなときでもここ米風亭なら何の問題もなく
おしゃれなお店知ってんぜ俺感だしつつ麺類食えるし
さらにはうまいから女性も大喜びって
もう一石なん鳥だよってことです
ウィンウィンすぎるぜと

またいいお店見つけてしまいました

米風亭また行きます