読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊落とし

限りない大地北海道の魅力を日々感じながら生きています。主にスキーとサーフィン。なんでもやってみる

バックカントリー パウダー 滑り方?ないでしょ


ここ札幌では去年に比べて
積雪がかなりいい感じで
スノーヤーにとっては
ありがたいシーズンでございやす

西日本でもかなり雪が降ってるようで
そうなるとやっぱり頭に浮かぶのは
パウダーラン

富良野育ち富良野生まれの僕は
クソガキの頃から上質パウダーライフ

だけどいくつになっても
何回やっても
パウダーは楽しい

そう。パウダーは楽しんでなんぼ
滑り方に定義ってないじゃないですか
『パウダーの滑り方』
バックカントリー 滑り方 コツ』
なんていう記事があったり
スキーヤー同士の話の中で
話題になったり

『かっこいい』『スタイルがある』
は僕も思うんすけど
それが上手な滑り方かっていうと
そうじゃないかなって

アルペンはタイムを競うからわかりやすい
スキー検定は滑り方のお手本的なものに沿って
いかに忠実に滑れるか。いや知らんけど笑
スロープスタイルハーフパイプ
トリックの難易度がある
けれどこの2つに関しては審査員がいてスタイルを重視したり審査員の好みがジャッチに反映される種目でもある
審査員がいる以上これはどうしようもないことだし
審査員が違えば順位が入れ替わることもあって然るべき
デモスキーといえども審査員がいる以上曖昧なところはある

そんでもってパウダーランは
決まった滑り方があるわけでも
審査員がいるわけでもない
さらには時間を競うわけでもない

パウダーランの大会はあるけど
マッシュや地形でぶっ飛んで
軸入れて回って
観客を盛り上げてって人が上位なイメージ
結局飛ばんといけんのかいつって笑
綺麗にターンをしてスムーズにすべり降りてくる人もすごいなあっておもうし盛り上がるけど
内足ターンとか
外足は雪を外に蹴るイメージでとか
いや、ターンとかじゃねんだわって
ジャッジが言っているようで笑

でもそれでいいっすよね
深い雪で滑ることなんて
回数をこなせば誰でもある程度滑れるもんで
大会としてジャッジをするならやっぱり
エアーの難易度が高い方が点数をつけやすし

マジなバックカントリーとか
ビッグマウンテンを滑り降りる人たちは
クリフを飛ばなきゃ先に進めなかったり
マッシュを飛ばなきゃこれられない障害物
があるわけで
ビッグマウンテンを滑り降りるっていう観点では技術力だしそれが『うまい』ってことじゃないっすかね
もうターンがどうのこうのって話じゃないし
そんな中でスピンとかフリップとか入れちゃうしもうヤバいでしょ

そんな度胸も技術もない凡人の僕らは
ある程度安全が確保された場所で誰かのラインを頼りにワイワイやってんのが丁度いいんすよ
そのうちにパウダーでもある程度滑れるようになるし木にぶつからない程度に滑れるならもうじゅうぶん『上手』
そんなことより今日のこの一本は一生に一回しかなくて
それがゲレンデやパークと違う醍醐味
だからこそ新しい発見も多い

内足ターンで雪に体沈めるのもかっこいいっすけど意識しすぎて視野が狭くなるものよくないんで
それは頭の片隅に置いて自分が気持ちいい滑り方ってことを大前提に!
どうせ誰もみてないんで笑

僕は誰も滑らないような自分だけのラインを見つけてスタイル全開感っていうのを常に意識しています。うるせってな笑